2015年05月05日

GWの旅 伊豆修善寺温泉〜お宿編〜

今回のお部屋も離れの梅枝の間。
前回泊まって気に入ってしまいました黒ハート

20150505-23.JPG
シニアの私 犬(笑) が囲炉裏に落ちないように
お座布団を敷き詰めて安全に過ごせるように配慮されていました。

こんな温かな心遣い、心を打たれますぴかぴか(新しい)

20150505-25.JPG
囲炉裏のお部屋から見えるお庭のつつじが見頃を迎えていましたかわいい

20150505-22.JPG
私は元気はつらつカラオケ ・・と言いたいところでしたが
久しぶりのドッグランではしゃぎ過ぎて
足がちょっとだけ痛くて?びっこ引いていました。

20150505-24.JPG
お夕食の時間まで、ケージの中でお休み。(待機?!)

待望の夕食の時間レストラン

大大大好きなわんこ御膳ぴかぴか(新しい)
20150505-26.JPG
目がまん丸・・犬(笑)あせあせ(飛び散る汗)

20150505-27.JPG
本当は全部食べられるんだけど・・あせあせ(飛び散る汗)
パパが器に取り分けてくれました黒ハート

20150505-29.JPG
いつもと変わらずめちゃめちゃ美味しいグッド(上向き矢印)犬(笑)るんるん

そして、パパとママのお食事 レストラン

20150505-30.JPG
先附 天城軍鶏生ハムサラダるんるん

20150505-31.JPG
静岡の銘酒、開運の特別大吟醸酒、波瀬正吉るんるん
優しい上品な飲み心地ですぴかぴか(新しい)

20150505-32.JPG
前菜 鱈場蟹黄金焼 茄子湯葉巻き、他色々るんるん

先月から料理長さんが代わったそうです。
新しい料理長さんに代わってからお料理のボリュームが
さらに増したように思いました。
勿論、お味も変わらず美味しいです。

20150505-34.JPG
先椀 尾長鯛春香蒸しるんるん

20150505-33.JPG
良い香りに興味津々るんるん

20150505-35.JPG
中伊豆ワイナリーの志太シャルドネバー

20150505-36.JPG
旬のお造里色々るんるん

20150505-37.JPG
春鱒どんこ焼るんるん
パパが今日一番気に入ったお料理です。

20150505-38.JPG
そろそろ私にもおまけのおやつがあるはず・・。

20150505-39.JPG
鹿バーグを頂きますexclamation×2

20150505-40.JPG
揚物 海老精薯あられ揚げ 茄子、菜花、その他

20150505-41.JPG
蒸皿 笠子きのこ蒸しるんるん

20150505-42.JPG
志のぎ 牛サーロイン木の芽焼き 竹の子山椒焼きるんるん
ママの今日イチはこれ黒ハート

20150505-43.JPG
料理長さんからの一品は、手作り湯葉とごま豆腐るんるん
コクがあるのにさっぱりしていて、箸休めに丁度良い手(チョキ)

そろそろ限界、お腹が一杯ですあせあせ(飛び散る汗)

20150505-44.JPG
煮物 海老芋揚げ饅頭るんるん

20150505-45.JPG
蜆ご飯と赤出汁 香の物

20150505-46.JPG
水菓子 季節のフルーツ

葛切り・・お腹一杯で写真を取れませんでした(笑)

20150505-49.JPG
私も心地良い疲労感と満腹感で自然と瞼が重くなり・・眠い(睡眠)

20150505-48.JPG
うとうと・・幸せな一日が終わります黒ハート


ニックネーム シェル at 00:00| Comment(0) | わんこ連れ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの旅 伊豆修善寺温泉〜観光編〜

GW後半の5日から1泊で修善寺の絆へ行って来ました。
先月お誕生日旅行でもこちらに伺ったのですが、
温泉に浸かってお部屋で寛ぎつつ、人もわんこも一緒に美味しいお料理に舌鼓。
スタッフの方も皆、わんこにとことん優しく接して頂けるので安心なのです。

GWなので渋滞は覚悟の上。
その割には朝の苦手な家族なので、8時過ぎにのんびり出発。
途中、足柄サービスエリアで休憩しました。

20150505-7.JPG
トイレの入り口、ふと見上げると燕さんが巣作りの準備中・・小鳥

20150505-2.JPG
ドッグランがあると聞き、様子を見に・・・犬(足)

20150505.JPG
わぁ〜るんるん 賑わってますね〜るんるん
外から見学だけのつもりでしたが、楽しそうな雰囲気に思わず入場。

20150505-3.JPG
昔と変わらず、ランのフェンス際をトラックを走る陸上選手のように周回。(笑)

そして、やってしまいましたむかっ(怒り)

20150505-4.JPG
遊ぼうexclamationって誘ってくれた多分まだ若いコーギーちゃんにギャンギャンどんっ(衝撃)

驚かせてごめんなさい。ふらふら

20150505-5.JPG
お尻の匂いを嗅ぎに来たトイプーちゃんにもガウガウあせあせ(飛び散る汗)

年齢を重ねて益々わがままになった私です。 犬(泣)

20150505-6.JPG
ハラハラし通しのパパとママをよそに、満足げなお顔。
久しぶりのドッグランを満喫しました黒ハート

この後も思ったほど渋滞にならず、順調に修善寺へ到着。

20150505-8.JPG
チェックインまで時間があるので、中伊豆ワイナリーへ。

20150505-9.JPG
夕食に飲むワインを購入しましたバー

20150505-10.JPG
竹林の小径ぴかぴか(新しい)

20150505-11.JPG
桂川の清流ぴかぴか(新しい)

20150505-14.JPG
修禅寺ぴかぴか(新しい)
平安時代初期の大同2年(807)弘法大師の開基と伝わる。
鎌倉第2代将軍源頼家が幽閉された場所で
岡本綺堂の戯曲『修禅寺物語』の舞台にもなりました。

20150505-12.JPG
お清めの水が温泉なのですいい気分(温泉)

20150505-13.JPG
温かいので、私 犬(笑) もちょっとだけ手を洗ったよるんるん

先月パパが事務所旅行で訪れた時に
「修禅寺に仔ヤギが居た!」と言っていたので探すことに。

20150505-15.JPG
いましたぁ〜顔(メロメロ)
他の仔は眠っていたので写真では一匹ですが、
三匹の仔ヤギと母ヤギさんがいました。
あとで調べたところ、お寺で働く方が西天城牧場から母ヤギを譲り受け
三匹の仔ヤギを生んだそうです。
そこで住職さんの提案で、境内の雑草を食べてもらうのに
丁度良いからとお寺で飼うことになったそうです。
なんと!修禅寺の住職さんは獣医師の資格を持つ方だそうです。

20150505-16.JPG
柵に電流が流れていて危険なので近寄れなかったけど、可愛かったです。

20150505-17.JPG
『修禅寺物語』で題材になっている源頼家。
歌舞伎でも上演され、観たこともあるのでお墓参りに。

20150505-18.JPG
修禅寺に幽閉された翌年元久元年(1204年)に時政の密計により
23歳という若さで暗殺されたそうです。

そろそろチェックインの時間。
 
20150505-20.JPG
絆へ到着し、足湯でしばし休憩。

20150505-19.JPG
この場所を覚えている私は、ムフフフ・・の笑顔。犬(笑)
美味しい物が食べられる予感ぴかぴか(新しい)
晩御飯が楽しみです黒ハート

続く・・・soon
ニックネーム シェル at 00:00| Comment(0) | わんこ連れ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする